スポンサーリンク
お仕事悩み解決

あなたの悩みも解決!!おすすめ薬剤師ブログ

薬剤師の先生方、どのような悩みがありますか?例えば、副業、転職についての悩みはありませんか?解決策の一つは薬剤師の先生によるブログです。今回は自分の知り合いの2名の薬剤師ブロガーの方々を紹介します。皆さんの悩みの解決になると思いますので、ぜひご覧ください。
書籍紹介

「抗菌薬の考え方、使い方」初めの1冊におすすめの理由3選

感染症の勉強を始めようとしたときにおススメの書籍を紹介します。通称、岩田本こと「抗菌薬の考え方、使い方」です。おススメの理由は①基本となるβラクタム系を中心に説明されている、②抗菌薬の使い方以外の知識も得られる、③初心者だけでなく、中級者、上級者になっても知識の整理ができるの3つです。この本をきっかけに、抗菌薬治療の世界への一歩を踏み出してみてでください。
マネー

残り2か月、ふるさと納税おすすめ3選

今回はふるさと納税について紹介したいと思います。どんな制度なのか?、どうやってやればいいのか?、注意することはあるのか?について簡単にまとめました。他にも自分が実際に返礼品でもらっておすすめできる納税先について紹介します。
お仕事悩み解決

若手薬剤師も学会に参加すべき3つの理由

若手の薬剤師の先生方へ「学会に参加しましょう」。「発表しない」、「まだ勉強できていない」からこそ参加する価値があります。学会参加のメリットは3つ。①最新のトレンド情報が手に入る、②多くの人との出会いがある、③非日常を楽しめるです。参加すればまた参加したくなる、そんな学会参加の魅力を紹介します。
お仕事悩み解決

Canva&ラクスルを使った超簡単・名刺作成術

名刺デザインをCanvaで、印刷をラクスルで行うことで、おしゃれなオリジナル名刺が格安で作成することができます。今回はデザインが苦手な方にも簡単に自分のオリジナル名刺の作り方を紹介します。学会に持っていって次につながる出会いのきっかけにしましょう。
書籍紹介

腎機能別薬物投与量POCKETBOOK~おすすめ理由3選~

今回は最近購入した書籍「腎機能別薬物投与量POCKETBOOK」のおすすめポイントを3選紹介させていただきます。①一般名でも商品名でも検索できる、②白衣のポケットに入る、③便利なWEB版が使える。特にWEB版スマホでも利用できるので書籍を持ち歩く必要もありません。日々の業務で腎機能による投与量の調節におすすめできる一冊です。
感染症

術後抗菌薬への介入ポイント5選

今回は術後の予防抗菌薬への介入ポイントについて紹介します。①抗菌薬の投与量、②アレルギーのある場合の代替薬、③80kg以上の患者さんには増量が必要、④投与開始は切開の1時間前、⑤投与期間は原則24時間。今日からの患者さんへの介入や症例集積を頑張りましょう。
学会・認定

抗菌薬認定の症例提出、最終チェック項目6+3選

抗菌化学療法認定薬剤師の症例報告の準備は順調ですか?症例報告を作成したものの不安は消えないと思います。今回は、そのような方に向けて、セルフチェック項目を作成しました。上段部分では患者背景、現疾患の経過、問題点、介入の根拠、介入内容、結果(成果、安全性の確認)。下段は介入の詳細な根拠、介入内容を簡潔に提示、この症例から学んだこと。これらについて念のため確認してみましょう。
学会・認定

日病薬認定を取るべき理由と取得のためのロードマップ

日病薬病院薬学認定薬剤師をお持ちですか?この認定は日病薬の認定・専門のみでなく、他の学会の認定・専門取得のベースになる重要な認定です。いざ認定・専門を取得しようとしたときに困らないようにあらかじめ準備を始めましょう。今回は日病薬病院薬学認定薬剤師を取得するためのロードマップを紹介します。
学会・認定

抗菌化学療法認定薬剤師へのロードマップ

抗菌化学療法認定薬剤師の認定取得のためのロードマップです。①必要な単位の取り方②時間的、金銭的コスト③認定取得で得られる「抗菌薬に関する正しい知識力」「症例に対する適切な介入をする力」「介入した症例をまとめる力」の3つの力。認定を目指す上で知っておきたい情報をまとめました。目指す方のお役に立てれば幸いです。
スポンサーリンク